電子マンガ販売中です★

香りのテレパシー?

香りのテレパシー?
Advertisements

不思議な嗅覚体験

今朝5、6時頃、

布団に入っていた時、眠れなくて、

また彼の事を考えていた。

こうなったらいいなとか、過去の事とか、現実は彼きっとこんなんだろうかな?ショックだな(泣)とか、

いろいろぐちゃぐちゃになってた。

その時、窓の外で朝の電車の音が聞こえてきた。

その瞬間、

急に、今までに無かった匂いがした。

それは凄く強かった。

電車の音がしたと共に感じたから、思わず外から入ってきた?とか思ったが、

窓はしっかりしまってるし、何より

自分の鼻先間近で感じたので、本当に突然空中に現れたように思った。

それは、普段あまり嗅ぐことのないような匂いだったのもあったし、ビックリした。

その匂いは、なんか知ってる気がした。

考えた時、思い出したのは、

まさしく中学の時の剣道場のあの独特の匂いだった。

新しい建物の匂い(当時建設されて約1年目だった)と、剣道の防具や道着などのあの和風な雰囲気が混ざり合っていて、

そしてその部活が自分にとってとてつもなく自信がなくて嫌で怖くて緊張していたあの感覚そのものの象徴と言える渋く厳しい匂いだった。(アニメの憧れとノリだけでつい入ってしまった苦手な体育会系の部活に当時とても後悔していた)

私はその建物の中でいつも陰鬱な気持ちで部活をしていた当時、偶然彼も同じ部活だった。

部活中に直接話すことはなかったけど、

明らかなサインをもらったり、教室にいる時よりももっと彼を近くに感じる時があって、

そういう面だけが闇の中に咲くの一輪の花という感じで動揺しながらもいろいろ嬉しかった。

しかし、私はとうとう中二で部活を辞めてしまったので、

中三でまた偶然同じクラスになって彼を見る時いつも、

部活の事が頭を過ぎった。

自分が途中で辞めて逃げた罪悪感が付き纏っていた。

そういう緊張感満載の複雑で苦い匂いだった。

その匂いは、

私がこのように、彼と同じ剣道部だった時の事を思い出した後、

すぐに消えてしまった。

本当にその数秒間だけだった。

気のせいではなかった。

確かにかなりハッキリと強くそこにあった。

不思議なのは、

その数秒後はパッタリと全く匂いが消えてしまった事だった。

よく、ツインレイはテレパシーで匂いを感じたりするとか聞いた事あったけど、

私はまだ一度もそんな体験はしたことがなかった。

 

Advertisements

不思議な味覚体験

しかし、過去に、これに少し似た体験はあった。

このような時間帯にいきなり急に口の中に特定の食べ物の味がしてきたことが何度かあった。

歯磨きもしてから何時間も経っている状態の朝方などの時間帯に、

ふと急に、明らかにこの食べ物だと分かるような味がした時があった。

それは例えば、コーンスープとか、自分が近々食べたものでは全く無い(多分1年以上も食べてない)ものの味であって、

それもまた急に現れて数秒でパッタリと消えてしまうのだった。

変…、不思議だなと思っていた。

こういう時私は勝手に、

今彼が食べてるのかな?とか妄想して勝手にテレパシーだとか思っていた。

こういう変な感覚は今年になってから起きてきた。

 

Advertisements

妄想?テレパシー?

そもそも私は彼の香りなんて分からないし、知らない。

そんなのが分かる程長時間接近したこともない。

彼の印象があるとしたら、

私の中では、あの時同じ部活だった剣道場の新しい建物の匂いぐらいだった。

というかこれって別に彼関係ないじゃん(-_-;)

今回のこれは、

テレパシーと感じていいのだろうか??

それか、

私の勝手な妄想の想いが強烈に具現化して香りが出現したのか?

それか、

このリアルでハッキリと確かに感じた香りも私の妄想だったのだろうか?

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

Advertisements
電話占いヴェルニ
Advertisements

電子マンガ販売中☆

オリジナルマンガ現在2冊販売中です。 他にBOOTH、Amazonでも販売してます。
error: Content is protected !!