電子マンガ販売中です★

ツインレイという存在はいる?いない?

ツインレイという存在はいる?いない?

まずはじめに、この内容は筆者個人の実体験からの見解、考えによるのもになります。

個人個人により体験や環境、価値観も様々異なりますし、筆者はスピリチュアルな能力が人一倍あるとかそれを仕事にしているとかでもありません。

ただの一般人の素人の呟きと思って読んでいただければと思います。

 

Advertisements

ツインレイなんていない?

 

私個人的には、ツインレイというものの話を知った時から今現在もずっと”いる”と思っている派です。

ツインレイという呼び方じゃなかったとしても、そういう存在?運命の人ともいえる?目に見えない無償の愛(真実の愛?)という物を、

目に見える形で、体験させてくれる人が存在しているのをこの目で見た経験があるからです。

しかし、

私が知ってる中でも最低でも3人の方がキッパリと、ツインレイというものは無い、

またはツインレイというものに恋愛要素やロマンスとかそういうものは一切無い、

嘘、茶番、エゴ、人間特有の典型的な3次元ドラマ、ただの恋愛、恋愛ビジネス、スピリチュアル洗脳、ロマンチックなドラマ性を煽って依存を生み出しているとか色々、いない説を言われているのを聞いたことがあります。

この意見を言われているどの方もスピリチュアルな能力が高くビジネスとして成功されている有名な方もいます。

宇宙や高次元の存在達と交信(チャネリング)されていたり、宇宙の仕組みの事や宇宙人の事、死後の世界の事、この世の事、前世の記憶など、

一般の人じゃ絶対知らないようなこんな未知な情報をスラスラと語られているその姿は確かに嘘偽りなく本物の能力者の方だろうなと思っている方々です。

私はずっと小さい頃からからそういう究極の真実を無意識にも知りたい願望があった為か、この方々が普段話される内容はいつも自分にとってとても納得できるものや腑に落ちるものばかりで、

ある意味ハッキリと自分の意識の覚醒が始まったのを感じたり、スピリチュアルな事を今まで以上に意識しだしたきっかけでもありました。

この方々の説では、

人は元々がワンネス(1つ)の存在であり、それはまあ大雑把にいうと地球人も宇宙人なども霊も意識体全てが本来一つの存在で、

そのワンネスが宇宙のソース(源とか神とか)と呼ばれているものであって、

そのワンネスが宇宙の拡大の為に細かくバラバラになってそれぞれいろんな体験をしてその体験情報をシェアし合って成長していこうということで、たくさん分裂して宇宙中のいろんな惑星にそれぞれの意識体が降りて、私たちはこの地球で体験しているナウということのようです。

生きている(3次元で体験中)今は目に見える形では分離してるけど、死んだら意識(魂)はワンネスに統合されるもので、

覚醒してない意識(分離意識が高い、ドラマにハマってしまってるとか)はワンネスに辿り着けずに、意識(魂)は地球に取り巻いている霊界?幽界?(どっちか忘れた汗)にハマっちゃって(幽霊になっちゃったり)、未練があったりもしてまた地球に生まれる輪廻を繰り返すことになるということらしいです。

ワンネスに到達できて統合出来た魂は他の惑星とかにも転生可能とか。

まあざっくりこういう話はエイブラハムの本にも同じような事が書かれていたのを見た事があるしこの話は非常に納得でよく理解できます。

そして、ツインレイに関しては、

よく言われている説では、ツインレイとは1つの魂から2つに分裂して生まれてきている存在とのこと。

それも真逆の性別や性格、特徴の人間として。まるで陰と陽のように。

それは、1つの魂が同時に正反対の体験をする事でより魂の成長を促し、3次元のこの世で覚醒して1つに統合して地球輪廻を終わらせようとしている魂という事(地球最期を確信している魂?)らしいです。

このツインレイは無いと言っている方々の話では、

そもそも誰もがワンネスから分離して生まれてきているのに特定の人とだけ魂が一緒とか統合前は魂が二分の一状態とかっていうのはおかしいとか。

まあそりゃそうだよね…。

 

私はある時、どこかでツインレイの魂の話を深く解説されているものを読んだ事があるのですが(その記事がもうどれか分からなくなってしまっていて、ソース無くてスミマセン汗)、

ワンネスから分離するのは確かですが、実際はその分離の仕方がもっと複雑に細かく分離しているのだとか。

それぞれ段階的にソウルファミリーやソウルメイトとかいう名前もついていてたくさんの種類に魂が分離していき、最終的に最後に1つの魂が2つに分かれるのだそうです。

ツインレイとはきっとこのラストの部分の事なのでしょう…。

因みに家族や友人や知人、仕事関係など人生の中で出会ういろんな意味でインパクトのある人物などはざっくりみんなこのソウル系に関係していて、守護霊とか指導霊とかも含めて魂に関係ある大きなグループとして、生まれ変わる度に何度もそれぞれの人生でキャラ変しながら登場したり守護霊になったりしているらしいです。

 

これはただの誰かのこじつけの説なのでしょうか?

ツインレイという名前をつけてこの世にその存在を誕生させた初めの方は、

どういう思いだったのでしょうか…?

または、誰かがこの一番ラストに分離した魂の存在に、特別な恋愛要素や意味付けを付け加えてビジネス目的で意図的に飾り付けたのでしょうか?

 

とにかく、私は本物だと確信していたスピリチュアルの方々がツインレイは無い、茶番などと発信されている、

その部分だけとても引っかかり、

この説には個人的にとてもショックでした。。。

茶番はコロナだけでもう十分っすよ…( ;∀;)

 

Advertisements

ツインレイを探している人とツインレイに出会っている人の違い

 

また、ツインレイという存在は、誰にでもいるけど必ずしも2人揃って同時期に地球に生まれてきているとは限らないとも言われているそうです。

別の惑星にいるとか、肉体を持たず守護霊的な存在として霊体でその人についてくれているケースもあるらしいです。

逆に、同時期に地球上に2人揃って生まれてきている方が稀なケースなのかもしれないですね。

なので、3次元世界で相手に出会わない、全くそういう存在を認識しない、経験しない人もいて当然だろうなと思います。

この世には、

ある日ふとツインレイ説を知って、これからツインレイに出会えるかもと期待したり、探したり待ってる人と、

既に誰か明らかに妙な人に出会っている状態で、ふとある日ツインレイという説を知ってしまい、その説がことごとく当てハマっていることにビックリしてどんどん気になって意識してしまう人と

大まかに2パターンいるのではないかと思います。

ちなみに筆者は後者という事で、ここからはまた個人的な見解炸裂な内容になってしまいますがご了承下さい。

結論として、

ツインレイ説を無いと否定している方は、ツインレイに出会っていないからそう思うのだろうと思いました。

ツインレイの話を聞いても、どうもしっくりこないとか、腑に落ちない、違和感とか、信じられないとか、幻想、妄想、ただの都合いい恋愛話などに感じる方はみんな

まだ本当のツインレイに出会っていないからだと思います。

私でももし出会っていなかったらツインレイの話を知っても絶対に嘘っぽく感じていただろうし特別興味も惹かれなかったと思います。

こういう話は今の自分で冷静に見てももうドン引きレベルです。

昔から漫画やアニメ、映画、ゲーム、ドラマの影響が大きく、作品製作もしており常に頭の中は妄想やストーリーを構想してしまうところがあるので、

ドラマや夢、ロマンスは作り物、人工的なもの、フィクション、現実にはそんなもの一切無い別物だと重々承知で冷静に識別しそういうところは割り切って生きていました。

現実にそんなフィクションみたいな人工的な都合良いドラマやロマンスなど絶対あるわけないと思っていました。

そんな自分でも、ツインレイの話は真実だと感じてしまうのです。。。

 

私はスピリチュアルな事に関心が惹かれてから、けっこういろんなスピリチュアルなビジネスをされている方や発信をされている方の内容を見てしまうのですが、

ツインレイの情報を出されていて肯定派の方々もみかけます。

そういう方々はみんな共通して、もう出会っていてその経験を元に発信されているように思えました。

やはり出会って体験しているから、ツインレイというあんなまるで嘘みたいな話があるものだと語れるのだと思います。

 

Advertisements

ツインレイはスピリチュアルビジネス?

 

しかし正直、ツインレイの話題をけっこう見かけるようになってきてから、実際煽ってビジネス目的?と感じる時も確かにあります。(私もツインレイの記事をnoteで有料にしてるヤツもあるので人の事言えないですね(-_-;)どうしても外せない個人情報を出来るだけ防御する為なのですゴメンなさい>_<)

現在は、スピリチュアルというジャンル自体が物凄くビジネスとして流行り?じゃないけど多くなってきていると感じます。

目に見えない商材だし正解も不正解もない、誰も何も測れないものだから、無限の可能性があると思います。

宇宙の天体の動きから2020年12月22日以降は精神性メインの時代に突入するとも言われていて、

スピ市場は正直ブルーオーシャンのように思うし、今後人々の意識がさらにどんどん高くなって、ビジネスをされる方も受ける方も双方さらに多くなってますます身近になって増えていくだろうと思います。

私個人的にはツインレイに関しては何か有料のものがあったとしても何故か特に興味は湧かないのです。

(あ、これはビジネスをしたり受けたりするのが悪いとか良くないとか、決してそういう意味ではないですよ汗。私自身もネットでそういうお話や体験情報をたくさん知る事が出来て大変恩恵を頂いた一人でもありますし、こういうジャンルの世界がもっともっと反映してたくさんの方の幸せが広がっていけばいいなと思っています。)

自分は、相手が誰かとかももう分かっているし、特に相談とか知りたい事とかもなく、

統合に関しても自分の場合はどうやったら統合するだろうかとかもなんとなくですが分かっているからだと思います。

それは相手の為とか統合の為にすることとかではなく自分の為ですかね。

自分のこの人生の中でしないといけないミッションみたいなものが確実にあると分かっているのです。

それの為に私はこの世界に生まれてきているのだととっくに知っているというか、

それをやってる自分が本来の自分だということに、

もうずっと小さい頃から気付いていたような感じです。

彼と出会っていた時期、自分のその方面がうまくいっていたというかもの凄く楽しく夢に溢れていた思い出があります。

また、ツインレイという情報に出会う少し前から出会った時、覚醒した時も私はまたその自分のミッションのようなものに携わっていた時でした。

これは偶然なのか…?

彼と私のそれは全くなんの接点も関係もないように思うのですが、私はいつも自分のそのミッションのようなものに関わる時、

何故か彼の存在を思い出さされるような事が起きたり、実際強く思い出してしまいます。

自分のそれを行動に起こして自分が自分になれたら統合も同時に勝手にされていきそうな気がしています。

なんの根拠もないのですが確かにそう感じるものがあって、冷静に見るとかなり謎ですが。

あとツインレイの事をリアルな世界で誰にも言わないのには、

昔から自分の中で1つの変なルールみたいなものがあって、

本気で好きな人の事については自分以外の人に打ち明けると、なんだか、存在、想いなど全てが消えて無くなってしまうような感覚があって、なるべく言わないという…。(夢の中でまで言われたことがあり結構気にしてる笑)

実際人に言って悪くなった事しかなく、それ以来ガチで大切な事は誰にも言えてません笑

自分の中に閉まっておくのが一番安全だしパワーが温存される感じがしているのです。(このブログは?!(-。-;)(名前出してないからセーフかな?汗)

(しかし世間では、口に出して言った方が言霊が作用してよりエネルギーが高まるという話の方が有力ですよね^_^;私は真逆な事をしているのか?!)

それにこのトピックに関しては自分以外の人にわざわざ聞いたり相談したりするようなものではないのでは?と思うのです。

自分以外の誰かが何と言おうとこれは感じている本人にしか分からない事で、答えは本人しか知らない事だと思うのです。

例えるなら、自分は今好きな人がいるのか?いないのか?を他人に訊くみたいなカンジ?

私は、いろいろな方がツインレイ体験やツインレイ定義みたいな説を発信されているのを見かけると、いつも気になってつい見てしまうのですが、

中には何故か自分的に何も感じない、共感できないものやしんどく感じるものもあってそういうのはスルーしています。

反対にすごく感動して号泣しちゃうものもあります。

見ず知らずの誰かのただの恋愛話やただの惚気なのに、変ですね。。。

恋愛ドラマや映画、漫画でも特に感動もせず全然泣けないものもあるのに。

ましてや友達や知り合いの恋愛話や惚気話なんか正直ウザ、聞きたくないって思ってたくらいだったのに。

この圧倒的な違いってなんなんだろ?

とにかく自分のキュンな感情に任せるしかないと思っています。

感情はハイヤーセルフらしいからね。

自分の脳では分からんです。

 

Advertisements

ツインレイ情報を知る前と知った後

 

私は、ツインレイ情報を知る前くらいから徐々に相手を確実に思い出させるような事が続き、そのタイミングである日さりげなく日常にこのツインレイの情報が現れて、

その内容を見た時、それはまるでハイヤーセルフからとうとうこの鈍い私に向けてわかり易く言語化されて説明されているような感覚でした。

偶然?なのかどれも内容や特徴がほぼ当てはまるものしかなくて、なんだこれは!!という衝撃でした。

今までの自分の経験の中にあった明らかに不自然な事、変な事、実はずっと胸の内にあった事、印象的すぎてどうしても消えない事、なんとなく無意識下で感じていた事、恋愛の中でも明らかにその人の時だけ違いを感じた事、ただ相手を好きなだけじゃなくて同時に自分とすごく向き合わないといけなくなる人だった事など、

そういう自分の中で疑問になっていたけどずっと気にしないようにしていたことの答えが全部書かれていました。

まさかこの奇妙な現象に名前があったとは!というのが第一印象でした。

この時に私は1段階目の覚醒をしたような気がします。

明らかに意識、感覚、視界、思考がパラレルワールドに行ってしまったような感覚でした。

その時から確実に別世界になりました。(このすぐ後くらいに上記で書いたスピリチュアルの方の話に出会いさらに覚醒したと思います)

簡単にいうと、今までの恋愛がとてもチープなペラい感じに見えてしまい、(恋愛ゴッコみたいな)

自分が本当に好きな人とそれ以外というハッキリとした感覚が分かってしまい、

今まで愛してると思っていた人を以前のようには本心から愛せなくなりました。(これは困る汗)

本音というか魂レベルでは実は全然好きじゃなく(LOVEではなくLIKEというかんじ)、

見た目とか経済力とか性格とか自分を気に入ってくれたからとかそういう薄っぺらい鎧みたいなものに惹かれていただけだったのかもと気付かされました。(失礼すぎる(T . T))

さらに不思議なのは、このツインレイ説を知ってしまってからというもの、その瞬間からツインレイの相手を彷彿とさせるような奇妙な偶然?などが立て続けに起こるようになったのです。

いや、知る前からもう不思議な偶然現象は起こっていましたが、知ってからの方が爆発的に増えました。

今まで無意識だったのが顕在意識に上ってきたからとでもいうかのように意識が研ぎ澄まされてしまったのか?

俗にいうツインレイのサインというものに物凄く気付くというか敏感になってしまいました。

毎日のようにそれは起きます。

これは、引き寄せの法則的にいうと、私が意識しているから目の前の現実に起きてくるだけなのだとも言えますが…。

意識してしまったのは確かです。

なので純粋にサインなのか、自分が引き寄せてるだけなのかもという事でそれは正直分かりません。

しかし私の中ではこれは本物、ガチだと感じているのです。

幻想と現実の境界線が無くなってきたのか、以前は感じなかった不思議な感覚やテレパシー?までも感じるようになってしまいました。

声?が聞こえたり味?がしたり…変なビジョン?も視えた事もありました(過去世みたいだと思った)

これはただの幻聴、幻覚かもしれないといえばそうなるけど。

夢も。

もともと夢と現実に境界線なんて無かった、

現実は自分が創ってるから、自分でなんとでもコントロールできるものだったんだということも気付かされました。

陰謀説とかからも解るように知れば知るほどこの現実は実際はかなりファンタジーだったということも知れましたし。

ほとんど隠されているだけで。

この世界は、本当は、夢や映画、漫画、ゲームのような世界でした。

実際はそれ以上なのだろうと思います。

世の中にある作品はファンタジーや幻想ではなく事実だったんですね。

私はかつて、現実は灰色の夢の無いものと割り切って生きていたのにも関わらず、

そんなマインド状態でも現実でツインレイと思う人と出会い漫画のような不自然な事が実際にありました。

当時はツインレイというワードも無く全く知らず、その後もずっと知らないまま、不自然な強い印象だけが胸の奥に消えずに残っていました。

そしてとうとうこのトリッキーなツインレイというワードに行き着くというこの奇妙な現実。

まじで現実は小説より奇なりなのだと実感しました。

 

Advertisements

ツインレイの愛とそれ以外の人の愛の比較考察

 

私は個人的に、ツインレイは探し求めるものじゃないと思うのです。

あ、でもこの話に出会って惹かれるという事は、

ツインレイと言われているような究極の無償の愛?運命の人?みたいな確かな愛で愛し合える相手に出会いたいという意識がどこかにあるということなのかなと思います。

そういう思考がそういう相手を現実に引き寄せる場合もあるのかもしれないです。

私が勝手に思っている事なのですが、

こういう相手は、自分の外側の世界を見て探し求めるより、

逆に自分の内側を見た方が良いというか、

自分が本当の自分になれてる時やなろうとしている時など、そういうありのままの自分を活かして高まろうとしている時に現実に現れてくる人なのではないかと思うのです。

(自分は出会った時どうだったのか?こんな事何も知らないし意識も全くなく流れるままに生きていた…、試練みたいなことや学びみたいな事もめちゃめちゃあったけど反面凄く自分らしく夢に溢れた楽しい活動も出来てたのは確かかも)

個人的には、おそらく、出会ってしまった人がこの説を言い出したのでは?と思うのです。

そして同じく出会ってる人が共感してその経験がシェアされていき類似性のあるものがどんどん定義として確率されていき広まっていったのではないかと思うのです。

私の感想では、ツインレイの相手から感じる愛はマジで無償の愛、底のない無限の愛に感じました。

同時に自分自身に凄く向き合わされるというか、

自分の欠点や自信を失うような事が凄く表面に出てくるように感じました。

そして相手が何故かとても怖く簡単に近付けないような存在という感覚でした。(それは同時に相手も同じ事を感じているように思えました)

ほんとに反転ミラー、鏡のように対極に真逆だらけなのに同じことをしている、考えている?という偶然が頻繁にあったりと不思議でした。

他の人との恋愛でこの特殊な感覚を感じた事は一度も無いです。

どれも全体的に心の振り幅はあまりなく全体的に平和な印象でした。

しかし、別れたり失恋した時の喪失の傷はかなり痛く辛く完全に心を抉られた感覚や引きずる感じがありましたが、

ツインレイの相手の時は、逆に全く傷にならないというかよく分からない妙な安心感があって、何故か相手は絶対に自分をずっと好きなままだという何の根拠もないのに謎に調子乗ってるような変な確信があってさらにはまた会えるんじゃね?的な完全に狂ってる感覚までありました。

ということでそれぞれの恋愛は全く別物だと感じます。

目に見えないものだし、言葉でうまく形にもできないけど、

それは確かに”ある”と私は感じます。

私にはその人からの愛にはいつもハッキリと色もついているのが視えました。

自分でもは?何言ってんの?って感じるレベルですがマジなんです。

他の人ではこんな変な幻視、幻聴、感覚にはなってません。決して病んでないっす。

言葉を交わすとか物理的に接触しているわけでもないのに明らかに感覚?波動?で感じる強烈な愛の熱みたいなものがあるのです。

見ず知らずの他人なのに、血の繋がった親からの愛情?てなくらいにいつも見守られてるような感じがしたり、

それ以上にもっと近い全く別人の姿をした自分からの自己愛?くらいな、とにかく不思議ですがちょー熱い感じです。

距離がいくら離れていても目が合うだけで抱きしめられているようなかんじだったり、

一緒にいなくても見えなくても24時間愛されてるようなかんじです。(これは流石にウザいのか汗)

これは、単にこの相手に溺れ過ぎてるだけの戯言じゃね?とも取れますが、私は、ツインレイの相手に出会った以降もちゃんと本気で好きになった人が何人かいました。

この相手よりもっとちゃんと深い恋愛も体験しましたが、

この相手の時のような特殊な感覚になったり不自然な事が起きたりすることはありませんでした。

他の人を好きになった時も、本当に真剣に大好きで、失恋で1年以上も引きずったりしたくらいのものもありましたが、

そんなに好きになった人でもツインレイの相手の時に感じた特殊な愛や妙な感覚は無かったのです。

ツインレイという言葉がなくても、知らなくても、私はただ、

私を一番本気で好きになってくれた人なのだろうという風にずっと思っていました。

それか愛情が強すぎる人なのだろうと思っていました。

しかし現実は、言葉で好きとか直接言われた事も一度もないしむしろ変な事しか言われてない、恋愛関係にすらなっていない友達でもないただのクラスメイトでした。

そんな人を私は冷める事なくずっと好きみたいです。

他の人とはまた違うもっと複雑で深い感じの好きさがあります。

狂ってる…!かなりぶっ飛ばしてますね笑

 

Advertisements

結論

 

スピリチュアルではよく、自分軸を大切にと言われています。

他人や自分の外側の意見や常識を見るのではなく、自分の内側に目を向ける事が重要だと。

自分の感情が全てのナビだと。

ポジティブに感じる感情が本当の自分のもので、

ネガティブに感じるものは本当の自分のものじゃないらしいです。

ツインレイの情報を知ってしんどくなったり辛くなったり悲しくなったりする人は、そっちじゃないって事で、手放せばいい。

私は、

ツインレイは無いっていう意見がショックだったし悲しかった。

いくら本物のガチで信じられるスピリチュアリストの人だと思っていた人が言った意見だとしても、

私はこの意見を手放すことにしました。

私は、ツインレイという情報、経験談、こういう話を聴くとだいたいどれもすごく共感できるし、惹かれるし魂がキュン死しそうなくらい歓喜してときめいている感覚が確かにあります。

私が惹かれるもの、その中にはどれも暖かい愛や深い愛が詰まっているように感じられます。

逆に特に感動したり惹かれるものを感じないものはどれもそういう愛を感じないものだと気付きました。

本物と偽物もこれでわかるんじゃないかと思います。

ツインレイという知識を何も知らなくても、あの人達ツインレイなんじゃないかな?と感じるようなカップルや夫婦達を見かける事もあります。

そういう作品も見かけます。

これは、別にスピリチュアルな知識とか何も知らなくて興味も無いらしいけどでも実際やってる事はめっちゃスピった生き方してるよねっていう人を見かけた時と同じ衝撃でした。

という事で、ツインレイは統合してる人もこれからの人も実際たくさん存在しているようだし、

私としては、ツインレイは”いる”という結果になりました。

そして私は自分の感情に従ってこのままツインレイ説を抱いて生きていこうと思います。

また、ここでは書ききれないけど他にも書きたいことがたくさんあって、

ツインレイ情報に出会った頃のことやツインレイ覚醒した経緯や、

確信に至ったツインレイとそうじゃ無い人との決定的な違いなどもまた別記事で公開していこうかなと思っています。

(ツインレイを見極める特徴についてはコチラ↓に書きました)

ツインレイを見極める特徴について

という事で、好き勝手筆者の個人的意見を書かせていただきましたが、ここまで読んで下さったあなたはどうでしょうか?

もしご意見ご感想などいただけましたらとても嬉しいです。

ツインレイは、

出会った人は”いる”と言えるし、

出会ってない人は”いない”と言えるのじゃないかと思いました。

なんか幽霊や宇宙人みたいだ笑

 

 

最後までお読みくださりどうもありがとうございました。

 

Advertisements
電話占いヴェルニ
Advertisements

電子マンガ販売中☆

オリジナルマンガ現在2冊販売中です。 他にBOOTH、Amazonでも販売してます。
error: Content is protected !!