電子マンガ販売中です★

好きな人を忘れようとしても、忘れさせない事が起きる謎

好きな人を忘れようとしても、忘れさせない事が起きる謎
Advertisements

好きな人を忘れようとしても、結局思い出すような事が起きる

 

ツインレイとかって言葉とか概念とかに別に拘りたくない、囚われたくないわけ。

ただ、単純に好きな人がいるだけ。

好きな人とは別に会えるわけでもないし、

ただの片思いで勝手にただ好きなだけ。

いつまでも忘れられないくらいただ好きなだけ。

客観的に見た私はただの未練、執着、妄想者というだけの

ただの恋だ。

ただ、出会って以降はずっと不思議なことがたくさんある。

客観的に誰かが見たら、別に不思議ではないのかもしれない。

自分の妄想と勘違いの世界かもしれない。

自分はマジで頭がイカレた人かもしれない。

それだけのことで、

都合よくツインレイという言葉に縋り付いているだけなのかもしれない。

本当はさっさと忘れたいし考えたくないしこんな日記に残したりしたくない。

相手のことを考えてしまう時間なんてすごく勿体ない。

トータルすると人生の中で膨大な時間量だ。

その時間にもっと有意義な事やれる事はめっちゃある。

しかし、こういう気持ちでしばらくいると、

やっぱりまたどうしても思い出さされる出来事が起こってくる。

そして、また引き戻されて、

思い出して想ったりするとき、結局幸せになる。

会えない人を思い出すだけで幸せとか、普通に完全に意味分からん。イかれてる。

なんなんだろう、、、

はぁ。。。

 

結局いつまで経っても完全に忘れられないでツラ…

別に好きなタイプじゃなかったし冷静に考えたらそんなに好きじゃなかったのに、

自分の中にいる自分は彼が凄く好きみたいで、

なんかいつの間にか好きにさせられてた。

最後に会った時、

私は確かに寂しかったし悲しかった、ショックだったのに、

私の中の私は、

謎に凄く冷静で堂々としていた。

その時の彼はそれまでの強気な彼じゃなくて、

相変わらず友達もいるのにどこか孤独に見えた。

私のことなんて忘れてると思ってたのに、

前と一緒で私の目をじっと見てきた。

もう確実に誤魔化せない距離だった。

今までのいろんなことは全部、やっぱり気のせいでも勘違いでもなかったって思い知らされた。

確かに彼は私をずっと見てた。

 

ここからは個人情報が含まれる内容の為、

コチラのnoteにて有料記事にしています。⇨https://note.com/hook_lpg/n/n8feb3282285b

 

Advertisements

好きな人を忘れさせなくしてくる音楽

 

最近BlurTo The Endを久々に聴く時があった。

この前偶然Redioheadの音楽を聴いていた事がきっかけだった。

その時、レディオヘッドを何曲か聴いていくうちに、

自分的には、いや、やっぱブラーの方が好きだわ!ブラー聴きたい!

となってきて久々に聴きだしたのである。

Blur(ブラー)は個人的に凄く好きなアーティストなので書きたい事がありすぎて、また別記事にして書こうかなとかも思ってます。

その時にTo The Endを聴いていた。

この曲は元々初めて聴いた時から好きだと感じていた曲で、

久々に今また聴いても相変わらず良い曲だと思っていた。(カラオケでも不思議と原曲キーのままで非常に歌いやすい曲)

そこで改めてまた歌詞が気になり調べたら、

かなり真面目な愛の詞で、さらにまた好きになった。

 

歌詞和訳参照サイト様⇨http://rocksblog.seesaa.net/article/420546024.html

To The End

All those dirty words
そんな汚い言葉ばかり

(Jusqu’Ã la fin)
最後まで

They make us look so dumb
言ってたら僕らはまるで馬鹿みたいじゃないか

(En plein soleil)
燃えたぎる太陽の下

We’ve been drinking far too much
僕らはえらく飲み過ぎちゃったんだね

(Jusqu’Ã la fin)
最後まで

And neither of us mean what we say
二人とも言ってることがわかっちゃいないんだ

(En plein amour)
恋する気持ちに溢れかえって

Well you and I
そう君と僕は

Collapsed in love
恋に溺れてしまった

And it looks like we might have made it
そして僕ら、何かをやり通したみたいだね

Yes, it looks like we’ve made it to the end
そうだ、
僕らは何かをやり遂げたんだよ
最後まで

What happened to us?
僕らはどうしちゃったんだろう?

(Jusqu’Ã la fin)
最後まで

Soon it will be gone forever
すぐにそんなことは永遠に消えてしまう

(En plein soleil)
燃えたぎる太陽の下

Infatuated only with ourselves
僕らのことだけに夢中になっちゃって

(Jusqu’Ã la fin)
最後まで

And neither of us can think straight anymore
両方とももうマトモに考えられなくなっちゃった

(En plein amour)
恋する気持ちに溢れかえって

Well you and I
そう君と僕は

Collapsed in love
恋に溺れてしまった

And it looks like we might have made it
そして僕ら、何かをやり通したみたいだね

Yes, it looks like we’ve made it to the end
そうだ、
僕らは何かをやり遂げたんだよ
最後まで

Well you and I
そう君と僕は

Collapsed in love
恋に溺れてしまった

And it looks like we might have made it
そして僕ら、何かをやり通したみたいだね

Yes, it looks like we’ve made it to the end
そうだ、
僕らは何かをやり遂げたんだよ
最後まで

Well you and I
そう君と僕は

We just collapsed in love
僕らは本気で恋に溺れてしまった

And it looks like we might have made it
そして僕ら、何かをやり通したみたいだね

Yes, it looks like we’ve made it to the end
そうだ、
僕らは何かをやり遂げたんだよ
最後まで

(En plein soleil)
燃えたぎる太陽の下

(En plein soleil)
燃えたぎる太陽の下

 

個人的にこのドリーミーな曲のイメージ通りの良い歌詞だわ♡

Fell in loveじゃなくて、

Collapsed in love

ってとこがめっちゃブラー!!(((o(*゚▽゚*)o)))って感じてます

この曲の歌詞の意味を知った時、

またツインソングに思えてきて仕方なかった汗(もうなんでもどうしてもそっちにくっつけてしまうのか汗)

この曲はMVも好きだった。

だからまた観てしまった。

すると、

ああ、やばい事が判明した…

この曲はMVまでもツインレイの世界のようだ…(かなり個人的なイメージです(ーー;))

と気付いた。(初めて見た時はステキだなくらいしか思ってなかったのに、今の自分はかなり視点が変わってしまっているようだ)

 

 

因みに、MV内に出てくるセリフも非常に気になったので、自己流で勝手に訳してみました。(めっちゃ大雑把な訳で結構間違ってるかもです汗)

Still you remain the same; like I never left you

君はずっと同じままだ、僕が決して君から離れた事がないみたいに

You have not changed

君は変わってなかった

Still you remain the same; like I never left you

君はずっとそのままだ、僕がずっと君だけなようにね

You find that nothing is familiar

君は知り合いなんて誰もいないことに気付く

You do not know who I am

君は僕が誰なのか分かってない

You looked towards me

君は僕の方を見ていたね

No, it was not me; you are deceived

いいえ、私じゃないわ、あなたは騙されてるのよ

You have no memory ?

君は記憶を無くしてしまったのかい?

…men on chairs, in chairs…

…椅子に座ってる男性、椅子に…

Your eyes still dream, still you look faraway…

君の瞳はまだ夢見てる、まだ君はずっとどこか遠くを見てるんだ…

…still you are delicate in your fragile ways…

…儚さの中で君はまだ傷つきやすく危ういままだ…

…and your scent remains only yours

…それに、君の香りが残ってる、君のだ

You have no memory ?

君は覚えてないのかい?

Yes, it was you

ええ、それはあなただったわ

Perhaps you looked straight through me

多分、あなたは私を真っすぐに見てた

They were us. You and I

それは僕たちだった。君と僕

You turned for me

君は僕に振り返った

Ages passed as I stood still for you

ずっと変わらず君だけを想ってた、いつの間にか歳だけ取ってたよ

How you wish !

君が欲しいんだ

I understand nothing you say

あなたの言ってることさっぱりわからないわ

BANG !

バン!

Your face is fear

あなたの顔が怖い

You are fear

君は恐れているんだ

FIN

なんか古風な雰囲気のセリフ、表現だなぁと思った。

UK英語ってこと?

ん?よく分からない。。。

 

To The End収録アルバム↓

Advertisements

好きな人を忘れさせなくしてくる映画

 

14日、BlurのMVのおかげで、凄い映画に出会えた!

この曲のMVは60年代のフランス映画去年マリエンバートでという映画のパロディだということらしく、

それも今回初めて知りました。

もしやこの曲のMVのセリフは映画のセリフがそのまま使われているのかな?

 

映画の予告映像↓

因みに、2019年10月にシャネルにより完全修復された4Kデジタル・リマスター版が公開されたとのことです。

へぇ〜、何も知らなかった。。。

てかMVはほんと忠実に再現されてるんだなぁ。

 

映画ストーリー

ストーリー参照元⇨https://screenonline.jp/_ct/17283814

物語の舞台は、時代も国籍も不明な、バロック風の宮殿のようなホテル。

宿泊客の中に女Aと男Xと男Mの3人がいる。

MはAの夫で、XはAの愛人のようだ。

Mがこっそり見守る中、XはAを口説き続ける。

「去年、お会いしましたよね?」しかし、Aは全く覚えていないと拒絶し続ける。

Xは、去年会った際、1年後に駆け落ちする約束までしたという。

XとAは1年前に本当に恋に落ちたのか?

Aが知らないふりをしているだけなのか?

それともAはXを完全に忘れてしまったのか?

 

この映画のストーリーのこの紹介だけでも、

自分がずっと昔から理想としていた表現したい世界観そのものだと、感動した。

好きな世界観ものそのものだった。

登場人物も、場所も、国も、世界も、時間も、タイムラインも、現実か夢かも曖昧で、

記憶も曖昧で、

そこに一つの愛があって、

その愛さえも本物なのか

幻なのか…

 

“去年マリエンバートで”を今すぐ無料で観れるサイトはコチラ↓

 

U-NEXT

◆31日間無料トライアルの特典◆
1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

2 600円分のポイントプレゼント!
DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

3 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS(定額レンタル8+動画見放題プラン) 
TSUTAYAの動画配信サービス(TSUTAYA TV)
□初回入会から30日間無料お試し
□動画配信サービスの動画見放題プランで、新作・準新作を除く対象作品約10,000タイトルが見放題!
□1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!

 

映画を観てなくても一瞬で感じた。

明らかに設定や構成、ビジュアル、演出、全てがパーフェクト神作品じゃん。

この先もどんな時代になっても誰もが永遠に楽しめる作品だ。

この普遍的な設定、無敵しかないわ。

60年代の映画って今までほとんど観たこともなかったけど、なにこれ、クールすぎる!

この設定っていうだけでもかなり斬新に感じるのに、ビジュアルが芸術すぎてヤバすぎるわ!

次元も超越した世界の中での真実の愛の覚醒や統合みたいなテーマなのかな?!

すごすぎる!

これは、スピリチュアルとも言えるんじゃ。レイを彷彿とさせるなぁ。

今構想してる作品はまさにこういうのを目指してたんだよね!

なんで今までこんな名作知らなかったんだろ…。。。

絶対観よっと(*゚▽゚*)!

こういう、一言では言い表せない底しれない奇妙な世界がとにかく好きすぎる。

私の個人的理想は、そこに真実の愛をちゃんと描きたい。

 

Advertisements

まとめ

 

そして、この映画のツイン感。

本物の映画の方を観てないから、実際のところはわからないけど、

このBlurがパロディ演じてるMVだけを観ても、

特に、デーモンが演じるXの猛アピールと、まっすぐすぎる視線、

常にガン見してるかのような眼差し、

2人、目が合った時のアレとか、

女性Aの、まるで時が止まったような抜け殻のような様子、

絶対的に惹かれてるのに怖くて逃げちゃうところ、

なんだこれ…!(◎_◎;)

そのまんますぎて、これはなんなんだい??!!!

何を見せられているんだろう…

個人的にこの頃のデーモンに似てるようにも思えてくる…(いやさすがに美化しすぎじゃ?)昔のデーモン見ただけでもう十分すぎた( ;  ; )

グレアムもなんかこのMVだけ他のと違ってて、え?なんかちゃんとしてるやん…?!演技してる(゚o゚;;!

みたいな意外すぎる一面を見れた感じがするいろんな意味ですごいMVですね。

なにより、こんな凄い映画をチョイスしてるブラーのセンスがやっぱりどこまでもアートすぎてやっぱ好き。

 

 

最後までお読みくださりどうもありがとうございました。

Advertisements
電話占いヴェルニ
Advertisements

電子マンガ販売中☆

オリジナルマンガ現在2冊販売中です。 他にBOOTH、Amazonでも販売してます。
error: Content is protected !!