電子マンガ販売中です★

本当に好きな人とはテレパシーできる?それとも妄想?本から受け取ったメッセージ

本当に好きな人とはテレパシーできる?それとも妄想?本から受け取ったメッセージ

これはあくまでも私個人のただの体験日記で、非常に個人的な主観の内容である事をご了承ください。

Advertisements

漫画からのメッセージ:『妄想テレパシー』感想

 

先週、Google Search Consoledで自分のBlogの検索キーワードを見てみたら、とあるキーワードが気になってググってみました。

それは妄想テレパシーという漫画でした。

単行本も出ていて人気漫画なんですね。全然知らなかったのです。。。

 

今すぐ妄想テレパシーを読むなら、

電子書籍/コミックの品揃え世界最大級【ebookjapan】

無料漫画が豊富!【まんが王国】

 

まずタイトルにビビッときていました。

『妄想』と『テレパシー』

どちらも自分が昔からなんとなく感じてきた事をまさに言葉にしたような…。

内容を読むと、物凄く共感ばかりでした。

⚠︎ここからはネタバレを含んでしまうので知りたく無い方は飛ばして下さい。

作品の舞台は高校なのですが、私は個人的に自分の中学時代にめちゃ重なりました。

作品の主人公ヒロインは誰に対してもハッキリと人の思考が視える特徴があリます。

共感といっても自分もこの主人公のようにあんなハッキリとどんな人の思考も視えたりするわけでは全くないです。

しかし、この作品内でヒロインがヒロインを好きだと想っているヒーローの思考を感じ取っている描写に凄く共感したというか正に当時の自分みたいな感じを受けたのです。

何故だか、自分も当時(現在ツインだと気付いた)彼に対しては、この作品のように凄く彼の思考というか考えがなんか分かるというか感じ取れる所が良くありました。

この作品の描写そのままというカンジで、彼の感じてる事考えてる事がなんとなく解っていました。

他の人に対しても正にこの描かれているような通りで若干感じるものがあったりすることもあるので、やはり共感しかなかったです。

スピリチュアルとかオカルトとか何も知らなくても、意識していなかったとしても、

この作品に共感される方はきっとすごく多いように思いました。7巻まで出てるくらいだし。

みんな普段から空気を読んだりとか言葉で言わずとも人の気持ちを汲み取るなど割と自然に当たり前にやっている事だし、

そういう事って実は結構サイキックな事らしいですね。

特に日本人はサイキック能力が元々高いとかも聞いたことがあります。(癒しフェアでオンライン講演されたクリスティン・ペイジさんも仰られていました)

テレパシーなどは元々、私達が本来普通に誰もが使えていた事だったとも聞いたことがあります。

また、現実の世界をモノクロで、テレパシーで読み取っている相手の思考、頭の中をカラーで表現されていて、

これは、スピリチュアルでよく言われている、

目に見えている体験している現実は実はフェイクで、本当の現実世界は思考、夢の方だっていう事を解りやすく一瞬で伝えてくれているもの凄い漫画だと感じました。

著者の方自身がもしかするとこういう体験をされているのかもしれないとも思いました。

とても自然でリアルなのです。

こういう凄いのを自分も描きたいです。。。

 

Advertisements

好きな人のテレパシーを感じる前の自分

 

テレパシーのような相手の気持ちが解りだしたのは徐々にでした。

彼に出逢ってすぐの頃はこんな敏感な感覚はなかったと思います。

 

ここからは個人情報が含まれる内容の為、

コチラのnoteにて有料記事にしています。⇨https://note.com/hook_lpg/n/n2ea1e85018c3

 

 

Advertisements

本当に好きじゃない人とはテレパシーを感じられるのか?

 

ここで、(現在ツインと思っている)彼と出逢った当時、彼と他の人とでテレパシー的な事を感じた部分について違いを比較考察してみました。

 

ここからは個人情報が含まれる内容の為、

コチラのnoteにて有料記事にしています。⇨https://note.com/hook_lpg/n/n2ea1e85018c3

 

 

Advertisements

好きな人とテレパシー交流していたかもしれない体験

 

4月に入学してすぐ、私が彼の姿を始めて見て、

 

ここからは個人情報が含まれる内容の為、

コチラのnoteにて有料記事にしています。⇨https://note.com/hook_lpg/n/n2ea1e85018c3

 

 

Advertisements

小説からのメッセージ:『さみしさの周波数』感想

 

そんな作品との出会いがあった数日後、

とあるきっかけで、本棚から乙一先生の「さみしさの周波数」という小説を取り出す機会がありました。

 

今すぐ「さみしさの周波数」を全ページ無料で読むならU-NEXT

試し読みをしてみるなら電子書籍/コミックの品揃え世界最大級【ebookjapan】

 

これを読んでいた頃、他にもいろいろ乙一さんの作品を読みあさっていて自分の作品を構想する中で影響を受けていました。

収録されている中にある、『未来予報』という作品をパラパラっと読んでしまった時、

後半に登場するある文章がとても心に響きました。

⚠︎ここからはまたもやネタバレになってしまいますので、知りたくない方はスルーして下さい。

 

僕と同じように、清水も別の場所で僕のことを考えていた。

いつも存在を気にして暮らしていた。

世界中でたったひとりでも、自分のことを考えてくれている人がいたのだ。

『未来予報』 著者:乙一

 

主人公の”僕”と清水さんは同級生で幼馴染で普通に話す仲だったけど、

小学生の時のあるきっかけからお互いを意識したのか恥ずかしかったのかお互いが裂けていくようになっていて、偶然会ってもろくに話さないままだった。

それから月日が流れ成人した後に、またとある接点があり、

清水さんが実はずっと”僕”のことをいつも気にしていたという事を知る

というストーリーです。

この”僕”という主人公も、小学生のある時からずっと避けていながらいつも清水さんの事を気にしていたという設定なのです。

ハッキリとリアルに「好き」とか「愛」とかっていうようなワードは出てこない世界ですが、

逢えなくても、離れていても、見えなくても、お互いが当たり前のように想い合っていて、

この物語の中の2人は確実に見えない赤い糸で繋がっている運命の人という描写でした。

それは、生きていても、たとえどちらかが死んでしまっていても、

関係なく魂で結ばれてる2人というカンジです。

この作品を当時初めて読んだ時、私はどう感じていたのかな…?

あの頃は多分、純粋に読めてなかったのかもしれない。

作品の構想やアイデアを参考にしようとかそんな斜めな見方をしていたかもしれない…

今の私は、この文章がとても嬉しかったのです。

これは所詮小説で作り物だけど、

「いつも存在を気にして暮らしていた」

これ、私のことだ!

ずっと忘れたふりしていたけど、

夢を見たり、彼と同じ名前の人に関わる事があったり、名前やいろんなサインを見る度いつも思い出していた。

結局完全に忘れられてなかった。

「僕と同じように、清水も別の場所で僕のことを考えていた。」

こんな風に、自分のことを、離れていても、姿が見えなくても、生きてるか死んでるかも分からないけど、

ひっそり想ってくれていたらいいなって、そう信じたいというか、

この文章を見た時、信じられるような気がしたのです。

これが答えな気がした。

 

最後まで読んでくださりどうもありがとうございました。

Advertisements
電話占いヴェルニ
Advertisements

電子マンガ販売中☆

オリジナルマンガ現在2冊販売中です。 他にBOOTH、Amazonでも販売してます。
error: Content is protected !!