電子マンガ販売中です★

不思議

1/3ページ

オーラの色が視えるようになったきっかけ

私が別に霊感とかもないし(霊もUFOも未だ見た事ない)幼い頃からスピリチュアルに関心があったとかでも全くないただの一般人です。 しかし何故か人のオーラの色が視えるようになったかもしれないと感じ始めたのは多分中学の時、 今思うとツインレイかもと思う彼に出逢ったあの頃くらいからだったと思うのです。 因みにオーラは実は誰もが視ることが可能だそうです。 私の場合は、その人を目の前にして直視して見るというよ […]

夢日記:満月の魔法?

以前にも書いた事があったが、 (コチラ↓) 夢日記:満月の日、好きな人の夢 私はどうも満月や新月の日の夢に好きな彼が登場する事がよくある。 今回も天秤座の満月の夜(もう明け方だったけど汗)に見た夢の中に、 また彼がいた。 なんなんだろう? 月の魔力と何か関係があるのだろうか…? 夢の内容 舞台は夜で、茶色い壁と机があるどこかの教室?室内にいた。 人々が何人かいた。 その中の右側壁際の席に彼も座って […]

ランナーの気持ち

ツインレイというのを知って、サイレントやランナー&チェイサーって用語があるのも知った。 よく思い出したら私はいつも彼を避けていた。 逃げていた。 一緒の在学中も基本ずっと逃げてた。 それは、本当に好きだったから、恥ずかしすぎたのと、自分に自信が全く無くなってしまったかったからだ。 彼の存在が私の目の前に現れたと同時期に急に私の人生がいろんな面で180°変わってしまった。 謎の体調不良が頻繁に起こり […]

ツインレイを見極める特徴について

最近いろいろ凹むことが多かったので、ツインレイの事などについて書いて癒されようと思います。 因みにこれは俗にいろいろなところでツインレイあるあるみたいに云われている特徴などで、自分が体験した事で当て嵌まってるなと思ったものになります。 しかし人それぞれ体験、経験する事は様々違うと思いますので、ここに書かれた内容はあくまでも一般人の個人的体験のほんの一例というかんじで見て頂けたらと思います。 ツイン […]

月が変かも?

奇妙な月 11月くらいからかな?月の位置が変な時がある。 今まではいつも同じ時間帯に同じ道を通る時に、いつも決まって同じような位置に月がいた。 しかし、最近は毎日いろんな位置に月があったりする。 日によって方角も高さもバラバラだ。 30日、 蟹座の満月だった。 その日は雪が吹雪いていて月のことは見てなかった。(出ていたのかな?) そして31日(大晦日)に見た月、 いつもと全然違う位置に満月っぽい大 […]

夢日記:クリスマスに見た奇妙な夢

25日、クリスマスの日にとても印象的な夢を見た。 あまりにも印象に残りすぎて、 即席で絵にまでしてしまった。 夢の内容 場所は、ある都会の未来的な?ビル?のようなとても高級そうなそこはタワーマンション?のようだった。 スタイリッシュな建物だけど、全体的に冷たく無機質な印象だった。 (タワマンなんて入った事ないから夢の中は完全に自分の妄想の構造でできていると思う) 私は、おそらく40階くらいの位置に […]

バシャールに対しての見方、風の時代の体験

バシャールについて 昨日、夜にあるYouTube動画を観て分かった。 凄く凄くショックだった… ②バイデンさんが就任中で統合が果たせなかったとしても、社会全体が調和とバランスのよい世の中へとシフトしていくことになるっていうふうにバシャールがおっしゃっておりました。 バシャールが言っていたのは、トランプさんっていうのは、ひっかきまわす人だったそうです。 pic.twitter.com/zdgxuWv […]

好きな人の名前

0 目が覚めた時、 今日初めて 好きな人の下の名前が自然に頭に浮かんだ。 自然に頭の中で彼の下の名前を呼べた。 不思議と全く違和感がなかった。 今まで彼の事を想う時、ずっと名字だった。 恥ずかしすぎて、下の名前でなんて、 妄想ですら抵抗があったのに、 とうとうこんな段階まできてしまったのか… 妄想がついに病んできてしまっているのか…? それか、 1段階ステップアップできたのか? 見えない距離、波動 […]

ツインレイという存在はいる?いない?

まずはじめに、この内容は筆者個人の実体験からの見解、考えによるのもになります。 個人個人により体験や環境、価値観も様々異なりますし、筆者はスピリチュアルな能力が人一倍あるとかそれを仕事にしているとかでもありません。 ただの一般人の素人の呟きと思って読んでいただければと思います。   ツインレイなんていない?   私個人的には、ツインレイというものの話を知った時から今現在もずっと […]

香りのテレパシー?

不思議な嗅覚体験 今朝5、6時頃、 布団に入っていた時、眠れなくて、 また彼の事を考えていた。 こうなったらいいなとか、過去の事とか、現実は彼きっとこんなんだろうかな?ショックだな(泣)とか、 いろいろぐちゃぐちゃになってた。 その時、窓の外で朝の電車の音が聞こえてきた。 その瞬間、 急に、今までに無かった匂いがした。 それは凄く強かった。 電車の音がしたと共に感じたから、思わず外から入ってきた? […]

1 3
error: Content is protected !!